お使いのブラウザがサポートされていません。
当Webサイトをご利用いただく場合は、
最新バージョンの Safari、Firefox、または Google Chrome を
お使いいただくことを推奨します。

買い物かご

カートの中は空です

買い物を続ける

美容取締役が作る【日本酒化粧水】

     <材料>

  • 日本酒(純米酒)50ml
  • 精製水 50ml 
  • グリセリンまたは精油 数滴 
  • お好みでフレグランス(@アロマの"ロールオンフレグランス P05 クリエイティブ"が個人的なオススメ!)

 

今日は少しだけアカデミックに。

日本酒は飲み物としてだけでなく、肌の上に直接つける化粧水としても美肌効果抜群というのはよく知られた話です。

天然保湿成分かつ肌の新陳代謝を促すアミノ酸がたっぷり(白ワインの約10倍!セリンやアスパラギン酸など20種類以上!)が含まれている、メラニン生成抑制効果があるフェルラ酸が含まれている、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑えるコウジ(麹)酸が含まれている、等々。。

今日ご紹介するのはとても簡単な日本酒化粧水のレシピ。日本酒の入った各種さまざまな化粧水(日本酒が90%含有されているものも!)が販売されていますが、ご自宅でも簡単に作ることができます。

 

※事前に腕の内側など肌の柔らかい場所でパッチテストを行って下さいね!

 

用意するのは「純米酒」「水」「グリセリン」だけ!純米酒って何?という方は、吉川醸造のお酒だと今年の新酒「しぼりたて生原酒」や「相模大山純米酒」等がそれにあたります。

裏ラベルを見て「純米酒」と書いてあれば大丈夫なのですが、ここでもう一つ大事なお話。「純米大吟醸」や「純米吟醸」でない、ただの純米酒を選んでください。

前者は精米歩合が低く(米を削った量が多い)、高級なお酒のイメージがありますが、こと美容に関しては、米を削り過ぎると大事なアミノ酸まで落としてしまうことになりますので「もったいない」のです。

まずは日本酒:水=11で始めてみて下さい。日本酒の美肌向上能力に驚くこと請け合いです。

冷蔵庫に保管すれば1か月は使えます。ぜひお試しください。

NS